メソセラピーの効果

脂肪を溶解して排出するメソセラピー。
その効果の秘密は大豆成分のレシチン(ファルファチジルコリン)。 高脂血症や脂肪肝の治療にも使われるこの薬剤は、脂肪細胞に含まれるトリグリセリド(中性脂肪)を分解し、遊離脂肪酸として血液中に送り出します。
そして血液中の遊離脂肪酸は、同じくメソセラピーに含まれるL-カルニチンの働きでミトコンドリアに運ばれ燃焼されます。

このようにメソセラピーは脂肪を溶解することで効果的に痩せるメディカルダイエットです。 短時間で受けられる身体に負担の少ない痩身治療ですが、フェミークリニックではさらに効果を高め、腫れや痛みを軽減するために、多くの症例をフィードバックして用いる薬剤の配合を調整しています。

※メソセラピーで使用する薬品には決まりがないので、医療機関ごとに成分が異なります。

注射で選べる部分痩せ

メソセラピーは注射で気になる部分を選んで脂肪を溶解することができます。
つまり部分痩せにピッタリなのです。

「体重は落ちてもおなかの肉だけは落ちない」
「ぶかっこうなこのシルエットをなんとかしたい」
「ダイエットすると胸から痩せてしまう」

そんなお悩みもメソセラピーで解消。
メソセラピーは体形をコントロールしたい方におすすめです。

頑固なセルライトにもメソセラピーは効果的

ボコボコした脂肪組織の塊セルライト。
運動や食事制限による減量ではなかなか改善することができません。

けれどもメソセラピーで脂肪を分解してしまえばどうでしょう。
脂肪の塊であるセルライトも解消され、目立たなくなります。

メソセラピーでからみついたセルライトを除去すれば血行やリンパの流れが改善し、新しいセルライトがつきにくくなります。
脂肪吸引の手術後に生じる凹凸の解消にもメソセラピーは効果的です。

リバウンドしにくいダイエット

メソセラピーは脂肪そのものを溶解するメディカルダイエットです。
食事制限で減らすわけではないのでダイエットに無理がなく、反動によるリバウンドがありません。

メソセラピーその他のメリット

短時間で負担が少ない

メソセラピーは注射だけなので1回の施術にかかる時間は5分から10分。
術後に若干の腫れや痛みは伴いますが、脂肪吸引のようなダウンタイムはありません。
日常生活に支障はなく、仕事や家庭をお持ちの方でも大きな負担にはなりません。

痛みが少ない

メソセラピーの薬剤に含まれる麻酔の効果で注射時の痛みはほとんどありません。
術後に筋肉痛のような鈍痛を感じる方もいらっしゃいますが、2〜3日から1週間程度で和らぎます。

仕上がりがきれい

メソセラピーは薬剤で脂肪を溶解します。
脂肪吸引後に生じる凹凸が残ることはありません。
そのような脂肪吸引の痕の修正にもメソセラピーは有効です。