脂肪吸引との違い

メソセラピーと同様に気になる部分の脂肪に直接働きかけ部分痩せを実現する治療法として脂肪吸引があります。
メソセラピーと脂肪吸引を比較した上で、それぞれの治療が向いているケースを説明します。

脂肪吸引とは

脂肪吸引はカニューレと呼ばれる医療器具を用い、皮下の脂肪を吸引するメディカルダイエットです。
物理的に脂肪を除去するため確実に痩身効果があり、また脂肪細胞そのものの数が減るので脂肪細胞が大きくなっても太りにくい体質となります。

メリット

  • 脂肪を落としたい部位を選んでサイズダウンできる
  • 脂肪そのものを除去するため食事制限などの反動によるリバウンドがない
  • 一度に多くの脂肪を除去することができる
  • 脂肪細胞の数が減るので太りにくい

メソセラピーとの比較

脂肪吸引は身体に数ミリの穴をあけてカニューレを挿入する本格的な外科手術です。
一度に多くの脂肪を取ることができる一方、痛みや腫れはメソセラピーに比べると大きく、施術部の圧迫固定が必須。抜糸まで7日程度かかります。
きれいな仕上がりのためには医師の技術や術後のケアの重要度が高くなります。
脂肪を溶解して小さくするメソセラピーに対し、脂肪細胞そのものを除去する脂肪吸引の施術部位は太りにくいといえます。

メソセラピーをおすすめするケース

  • 人に気づかれず自然に痩せたい
  • 仕事や家事が忙しくあまりダウンタイムが取れない
  • 身体的、経済的負担が大きい手術は難しい

脂肪吸引をおすすめするケース

  • 一度でまとまった効果がほしい
  • 脂肪細胞の数を減らし太りにくい体質を得たい
  • 時間的余裕がありダウンタイムが気にならない